チャンピックスについて紹介する医師たち

私はチャンピックスで長い間出来なかった禁煙に成功しました。今ではお酒の席でも問題ありませんし、タバコの煙が嫌になったくらいで、我慢しているという感覚がありません。喫煙し続けても体に悪いだけなので、積極的に使ってみてはいかがでしょうか?

たばこはお酒の席でも必要ないことや喫煙し続けても体に悪いだけという事を説明する女性

チャンピックスとニコチネルの違いと薬理作用について

薬理は医薬品などの薬物により、起こる生理的な変化であり、医薬品の持つ作用を期待するためには、薬理作用を持つ症状が必要になると言った特徴が在ります。

禁煙補助剤の一つにニコチネルが在ります。
ニコチネルはニコチンが含まれている医薬品で、身体に貼り付ける事でニコチンが体内に入り込んで、煙草への欲求を起こさせないと言った作用が在ります。

しかし、ニコチネルを使用しても煙草を吸ってしまうのは、薬理作用に適応していないなど、ニコチン依存になっていない場合でもあるのです。
元々、ニコチネルと言うのはニコチンの代替え療法として使用する禁煙補助剤で、少量のニコチンを体内に取り込む事で、ニコチンの依存度を下げる事で煙草への欲求を下げる効果を持ちます。

尚、チャンピックスはニコチネルとは異なり、ニコチンが含まれていない禁煙補助剤になりますが、チャンピックスを服用し続ける事でニコチン依存が高い人でも、少しずつ依存度を下げて禁煙への成功に導いてくれると言った特徴が在ります。

ニコチンは脳内に在るニコチン受容体と結ぶついて快感物質のドーパミンを分泌させて、煙草が惜しい、リラックスすることが出来ると言った作用が在ります。

しかし、チャンピックスにはニコチンが含まれていないため、本来ならばドーパミンが分泌されないのですが、チャンピックスに含まれている成分が少量のドーパミンを分泌させることで、煙草への欲求を下げてくれると言った作用が在ります。

また、煙草を吸う人と言うのは一服した時に煙草が美味しく感じるのですが、チャンピックスには煙草を美味しく感じさせない作用も在るため、途中で煙草を吸ってしまっても美味しくないと感じるので禁煙時の離脱症状を抑えられると言った特徴が在ります。