チャンピックスについて紹介する医師たち

私はチャンピックスで長い間出来なかった禁煙に成功しました。今ではお酒の席でも問題ありませんし、タバコの煙が嫌になったくらいで、我慢しているという感覚がありません。喫煙し続けても体に悪いだけなので、積極的に使ってみてはいかがでしょうか?

たばこはお酒の席でも必要ないことや喫煙し続けても体に悪いだけという事を説明する女性

チャンピックスは体にどんな作用を起こす?

禁煙補助薬をつかった禁煙治療に臨む上で、使用する薬が体内でどのような作用を示すかを知るのはとても大事なことです。では、近年禁煙治療において主流となっているチャンピックスの場合、身体にどのような作用が起きるのでしょうか。チャンピックスは錠剤タイプの禁煙補助薬で、各錠剤にはバレニクリンが0.5mgあるいは1.0mg含まれています。バレニクリンは、体内に入ると脳にあるニコチン受容体と結合してドーパミンを放出するとともに、ニコチンがこの受容体と結合するのをブロックする働きを示します。重度のニコチン依存症の患者は、頻繁に喫煙によってニコチンを体内に取り込もうとします。これをやめるためには、体内へのニコチンの供給を絶つ必要があります。しかし、ニコチン依存症の患者は自発的にドーパミンを放出する力が衰えた状態になっています。このため、喫煙によってニコチンを体内に取り込まないと、不安が生じたり、イライラした気分になったり、気分が落ち付かず物事に集中できないといった状態になります。人によっては、頭痛や吐き気、便秘などといった具体的な症状になってあらわれることもあります。これがニコチンが不足した時に起こる離脱症状ですが、単にレセプターと結合してニコチンが結合しようとしてくるのを邪魔するだけでは、時間が経つにつれてこれらの症状が起きやすくなり、患者は離脱症状から逃れるために再びタバコに手をつける可能性があります。これを防ぐために、バレニクリンもニコチンと同じようにレセプターと結合することでドーパミンを少量放出します。チャンピックスはこのような作用ににより、重い離脱症状があらわれるのを防ぎつつ、ニコチン依存症から脱却していくことができます。